浦野アニキの競技車輌を紹介!ハイスピードオフロードレース用に製作したプロトタイプマシン

オフロードレース用に製作したプロトタイプマシン。
ベースシャーシーは持たないフルパイプフレーム構造から、市販車改造とは別次元の性能を発揮するモンスターマシン。

フロントエンジン・リア駆動の2WDマシンです。
もちろん製作は、フレームワークからサスペンション、エンジン、配線、FRPカウル、ペイントと、すべてラ・ノーズで行ないました。

  • フロントサスは長いアームスパンからロングストロークを発生する独立サス。
    独自のジオメトリー設定により、ロングストロークながらバンプステア0で設定されている。

  • リアサスはサファリホーシングを使ったアッパーAアームタイプの3リンクサス。
    トラクション重視のリンク配置に設計されていてソフト&ロングストロークな設定によりパワーオン時にはリアを沈めて加速する。

  • リアオーバーハング部に搭載される容量90Lの燃料タンク。
    ポンプはSARD製をインタンク式に搭載し、安定した燃料供給を行なう。

  • シングルシートで設計されたコクピットは、レース中に視認できる必要最小限のメーターを備える。
    シートはオフロードレースの必需品ウルトラシート。

  • フロントサスもリアサスもコイルオーバーショックにKING3.0バイパスショックの組み合わせ。
    サスの設定はソフト&ロングストロークで吸収力とトラクションを両立させたセッティング。

  • 搭載されるエンジンは、日産シルビアS14に搭載されているSR20DET。
    これにトルク重視のチューニングを施しオフロードレース用の特性を与える。

  • カウルを外したリアセクションを見るとパイプフレーム構造がよく分かる。
    また車高が極力低く設計されているのもこのマシンの特徴。

  • 操舵システムはHOWEのパワーラックを使用。
    路面からの入力はすべてパワーピストンが吸収してくれるのでキックバックは皆無。

  • フロントサスのレイアウトは、ジオメトリーと巨大なショックスペース確保のため非常に凝った形状。
    操縦性と抜群の衝撃吸収性を併せ持つ。

  • クーリングシステムはGT-R用のアルミラジエターを加工して搭載。これにサブタンクとサブラジエターも備える。

  • カウルを取り外すとパイプフレーム構造が分かる。ベースシャーシーは無く、すべてパイプによるスペースフレーム構造となっている。

  • マシンビルダー&ドライバーのRA-NO'S 代表 浦野雅樹(通称 浦野アニキ)。

ドライバー 浦野 雅樹(ウラノ マサキ)

マシン製作 RA-NO’S(ラ・ノーズ)
全長、全幅、全高 4450mm 、 2030mm 、 1650mm ホイールベース 2700mm
トレッド F / R 1700mm / 1680mm 車重 1230kg
エンジン型式 日産 SR20DET 総排気量 2010cc
出力 368ps / 6250rpm 駆動方式 FR2WD
トランスミッション FS5R30A 最終減速比 5.857
フレーム フルパイプスペースフレーム サスペンション F Wウイッシュボーン式独立サス
R センターAアーム式3リンクサス
サスペンションストローク F 430mm
R 580mm
ショックアブソーバー F KING3.0  12インチバイパス
R KING3.0 14インチバイパス
ホイール ワーク+チャンピオンビードロック タイヤ BFGoodrich All-Terrain T/A 
F 275/70R16
R 33×12.5R15