TOPページ>ワンオフパーツ

JB23 アウターロールケージ

AG2H2310re.JPGAG2H2314re.JPG

JA11 前置きインタークーラー

IMG_4382.JPG

JB23純正インタークーラーのコア部分を使用しサイドタンクはワンオフにて製作したJA11の前置きインタークーラーです。パイピング等もワンオフにて製作。

ステン60φストレートマフラー

JA22のタービン交換仕様のため製作したステン60φストレートマフラー。
スポーツキャタライザーは2000ccクラスに使用するものを組み合わせ、タービン交換仕様の性能を最大限に引き出せるものとなっています。

JB23用フロントバンパー

プレランスタイルのJB23用フロントバンパーはありそうで無かったもの。
しかもルックスだけではなく、その仕様にもこだわりを持ちました。

JB23用リアバンパー

オフ走行を考えると、多少ぶつけてもビクともしない丈夫なバンパーが必要。
シンプルで牽引フックまでもを備えた機能的なリアバンパーです。

Z32シート取り付け加工

JB23の場合、快適性を保つためにはシートの交換は必然。
...で、どうせだったらお気に入りをということで、日産Z32の電動調整式シートをマウント加工して装着。

JA22 フロント補正

JA22に施したフロント補正です。
ラテアップブラケットとステアリング角度、それにバンプコントロールという3点メニューでハンドリングも抜群。

大容量サージタンク

ノーマルインマニを加工して、約400ccほど大容量に設定したワンオフのサージタンクです。
その効果は、全域にわたってトルクが分厚くなり、乗りにくかったK6Aエンジンが見違えるように。
もちろん、吸入空気量が増えるためにサブコンによる燃調は必然ですが、コイツはなかなかにイイ感じです。

ワンオフサージタンク

ノーマルサージタンク加工とは違った、更に「上」を狙える仕様のサージタンクです。
内部にはそれぞれにファンネルを備え、タンク形状も各気筒に効率良く吸入空気が流れるものとなっています。

JKジープ フロントバンパー

フロントバンパーはプレランスタイルを基本として、その中にジープらしい厳つさをブレンド。
ありそうで無いこういったスタイルですが、JKジープに妙にマッチしています。

JKジープ リアバンパー

リアは適度にボリュームを持たせつつも、重々しさをイメージさせないような造り。
直線と曲線を上手く組み合わせた造りは、ゴツさの中にもスマートさが存在しています。

三菱ジープ パイプタイプ・ストレートフェンダー

三菱ジープのパイプタイプ・ストレートフェンダーです。
使用しているパイプは引き抜き鋼管42.7φで、ノーマルのインナーフェンダーを部分的に使って製作してみました。
スタイルはかなりカッコ良く、機能的にもバッチリの仕上がりになりました。

フェンダーを横から見るとこんな感じです。
仕上げはガード機能も備えているということで、擦っても修正し易く目立たないアンダーコートペイント。これがまた、シブい感じで雰囲気を醸し出しています。
ノーマルフェンダー加工品です。

Y60サファリ プロペラシャフトワンオフ加工

Y60サファリショートのリアプロペラシャフトをワンオフ加工でダブルカルダンジョイント化とすることで、車高アップに対する許容を広げました。

JB43 ATFクーラー装着

写真はジムニーJB43ですが、このJB43だけに限らず、オートマ4駆はオートマオイル(ATF OIL)の油温管理が物凄く大事です。
ATFクーラーを装着し油温を安定させることで、オートマへの負担をかなり軽減させることができるようになります。

ページTOPへ戻る

Access 筑波サーキット近くですお問い合わせ
  • ジムニーパーツ サスペンション
  • ジムニーパーツ 補助パーツ
  • ジムニーパーツ 攻めのパーツ
  • ジムニーパーツ ワンオフパーツ
  • エンジンチューン
  • 競技車両
  • フェイスブック
  • RA-NO'S CONCEPT 浦野アニキ Greeting
  • RA-NO'S NEWS パーツ製作状況やレースに関する情報を定期的に発信
  • MEDIA 実績・取材 過去のメディア紹介から プレスの方々はこちらから