RA-NO’Sデモカーを紹介!

  • RA-JB23

    以前の仕様は「オールステージでハイパフォーマンスを発揮出来るボルトオン3インチアップ仕様」。しかし現在の仕様は「ちょいと尖った大人のヤンチャ仕様」に変貌しています。

    スペシャルなパーツやワンオフパーツなどテンコ盛りの今の仕様は、完全に「趣味の仕様?」と化している状態ともいえますね。

    この仕様は、オンロードやダートでのジムニーらしからぬ走りを実現するためにエンジン&サスペンションを中心に大幅モディファイしています。あえて「クロカン低速域」は求めていなく、「割り切った」仕様ともいえるのが今の状態です。

    でも、JB23の可能性をトコトンに追求した結果が現在の仕様ともなっています。(まだまだ追求段階ではありますが…)

    また軽自動車のJB23ですが、そのチューニングの度合が軽自動車枠を超えてしまったために白ナンバー登録、そして構造変更もバッチリ。

    この状態にて「合法」登録してあります。

     


    車高アップ量は35mm。JB43ホーシングにワンオフの補強を施しスワップ。ファイナルギアは3.416へと変更。ファイナルLSDスペックXのRA-NO’S specを組み込んであります。

    ステアリングダンパーは、マウントをピロボール化してワンオフマウントにて取付。アームはハイクリアランス・リーディングアーム。ラテラルロッドは強化タイプとなっています。

    フロントショックは、KING SHOCKSの2インチ2チューブバイパスをマウント製作して取付。

    高価なレーシングショックですが、その性能とセッティングの幅は、「コイツを遣ったらもう他のショックは使えない…」と思えるほどのものです。

    コイルはワンオフの35mmアップ不等ピッチ低レート仕様。リアホーシングはJB23のまま、30mmスペーサーにてワイドトレッド化に対応しています。

    ファイナルギアは、フロントと同じく3.416へと変更。ファイナルLSDスペックXもRA-NO’S specで組み込まれています。

    ラテラルロッドは、ワンオフによる片ピロ式強化タイプ。ショックはKING SHOCKSの2インチリザーバー。

    ボンネットはカーボンタイプにクライムマックスのパワーアウトレットを組み合わせ。

    純正のフードラッチは使わずに、左右をボンピンにて固定。ただし、普通にボンピンを装着しただけでは「突起物」として車検にはNGとなってしまうため、ボンピンはボンネット面よりも沈めて装着されています。

    シートは、オフロードレースの必需品「スーパーシート」を装着。TAKATAの3インチハーネスを組み合わせています。

    ちなみに、このJB23は4型ですが、ミッションとトランスファーは後期型へとスワップされています。

    このJB23は2名乗車登録されてているため後席は完全撤去。代わりに、軟弱なボディ剛性に「喝」を入れるために、リアカーゴスペースにはワンオフによるクロスバーを装着しています。

    このクロスバー、そのあまりの効き具合に商品化も考えています。


    エンジンは、特に拘っている箇所。内部にまで手を入れたフルチューン仕様です。鍛造ピストン、I断面コンロッド、強化スリーブ、フルカウンタークランクシャフト等々、ボア&ストロークも変更して排気量アップを施してあります。ちなみにヘッドは、吸排気ポートの形状変更&段付き修正に留めた仕様となっています。

    インタークーラーはワンオフにてグリル裏に配置。エンジンオイルクーラーもワンオフにてバンパー裏に設置してあります。

    エンジンは、内部以外でもトコトン手が加えられています。ワンオフ・サージタンク&インマニや大口径スロットル、ワンオフ等長ショートEXマニ、タービン、ワンオフサクション、ワンオフマフラー、380ccインジェクターなど、書き始めたらキリがないほどに…です。特に、タービンを上置きにマウントしたエンジンルームのその光景は、ジムニーのエンジンルームとは思えない雰囲気を出しています。

    このエンジンのパワー&トルクをミッションへと伝えるクラッチはOSのワンオフ品。少々半クラに扱いにくさもありますが、絶対的な信頼性においてこれ以上のものは有りません。

    また、このエンジンを制御しているのはe-manageアルティメイトで、設定ブースト約1.3K時にパワー167.1ps、トルク18.0kgmのパフォーマンスを発揮しています。

  • RA-JB33

    JB23デモカーとはまた違ったテイストで仕上げたのがこのJB33。
    このJB33は、オンリーワンのルックス&性能を持たせるため、各所をワンオフ製作。
    4駆らしい厳つさを持たせながらもスマートさをも漂わせるようなルックスとしました。

    オンロードでは快適に、かつラグジーに。そしてオフでは、意のままに操れ高い走破性を発揮できるよう、細部にわたってチューニングを施しています。

     


    装着タイヤは、BFGoodrichのオールテレーンKO2 265/75R16。これをボディリフト無のフェンダー加工で納めています。

    もちろん、タイヤの大径化に伴いギア比もしっかりとダウン。

    後期トランスファーにスワップし、ジールのトランスファーダウン・フルキットを組み込んでいます。

    前後デフには、オリジナル設定のファイナルLSDスペックXを投入。 オフでの効き具合に拘り設定されています。

    またフロントプロペラシャフトも、W2カルダンFプロペラシャフトの装着により回転時の異音は皆無となっています。


    フロントサスはオリジナルパーツによってまとめられています。
    フロント補正4点セットによって安定したハンドリングを実現し、コイル&ショックの組み合わせでスタビレスなのにシャキッとした走りを可能としています。フロントショックはTRD、リアショックはA8の組み合わせ。
    ハイクリアームや各補正パーツなどは、どれもこれまでのJB23チューンでは無かったRA-NO’S独自の発想によるものです。

    そしてリアのサスペンションはワンオフによりリンク形式を変更。ノーマルのトレーリング方式から、アッパーIアーム方式の4リンク構造としています。ちなみにこのJB33は、この状態にて構造変更が施してあるので、すべて合法仕様となっています。


    エンジン関係は基本的にノーマル+αですが、e-manage(青)によって燃料のミクスチャーを変更しています。

    また、ラグジー仕様としての拘りに、日産Z32用の電動調整式シートを装着。適度なホールド性と快適性はこの仕様には無くてはならない装備の一つとなっています。

    前後バンパーやリアパイプフェンダーは、もちろんRA-NO’Sによるワンオフ品。

    珍しいチューニングでは、ハンドブレーキを製作して、オフ走行の低速走行時のスピードコントロールとLSDの効かせ具合をコントロールできるようにしてあります。